通常攻撃1止め、2止めを覚えよう

あなたはタイマンするときに通常攻撃を全振りしてしまっていないでしょうか?
全振りというのは素直に通常攻撃を打ち切るということです。
それを1発や2発で止めることを1止め、2止めといいます。

1止め2止めのメリットってなに?

敵がダウンするまでによりたくさんの攻撃を打つことができる

基本的に3発の通常攻撃を持つキャラクターの場合、1発・2発・3発を撃ったあとに敵はダウンをします。
しかし、1止めや2止めをすると、4発まで打つことができるようになります。

敵の攻撃を回避しやすい

自分が攻撃している間に敵がよろけ無効のスキルを打ってきた場合など、回避行動をとりやすくなります

上記の動画の解説をします。
1回目は全振り攻撃をした時のものです。
シキは通常3発ですが、3発目が多段攻撃なので少しわかりづらいかもしれませんがダメージは以下のようになってます。
114+134+(56+54+66)

2回目は2止め+2止めでの攻撃なので
136+148+234+256
の4発あてることができました。

3回目1止め+1止め+2止めでの攻撃で
213+208+213+277
の4発が当たってますね。

4回目は1止めすることで敵のよろけ無効攻撃に柔軟に対応できてジャスト回避がきまったというものです

このように全ぶりをしない方がより多くのダメージを与えられます

全振りすると敵に通常攻撃をジャスト回避されやすい

基本的にタイマンをやりながら相手の癖をつかんで戦うことが多いです。
そのため全振りで通常を打つ人だとわかると、遠慮なく3段目の攻撃でジャスト回避をもらいにいきます。それくらい、通常の最終段ってジャスト回避しやすいんです。

たまに全振りを混ぜていくことで相手のリズムを乱すこともできます。

もちろん全振りが必要なときもある

通常攻撃の中に特殊な効果が付くキャラクターも中にはいますので相手との読み合いの中で全振りも必要ですし、敵のブースト中や試合のラストの方など、キルをするのではなく時間を稼ぎたいときなんかは早めにダウンの取れる全振りを選択することもあります。そこら辺の判断はリーグをやっていくうちにわかるようになってきます。

いかがだったでしょうか。こういうpvpゲームをよくプレイする人なら、1止め2止めはほかのゲームでもありがちな仕組みだと思いますが、バウンティラッシュで初めて遊ぶ人にとっては気づきにくいコツかもしれませんね。SSリーグなら下ランク帯でもこれは普通に使える人が多いです。ぜひ100サバイバルなどで練習してみてくださいね