バウンティが通信落ちしてしまうとき…

スポンサーリンク

今回の記事では通信エラーになってしまう原因と対策について掲載していきたいと思います。

試合中、突然エラーになってゲームが終了してしまう事、みなさん経験したことがあると思います。

画像

左下のアンテナは問題ないのになぜ・・・?と思ってしまうかもしれません。

バウンティラッシュはゲームの特性上、短い間隔で位置情報をサーバーに送信し、相手の情報を受け取ります。

たまに瞬間移動しているプレイヤーに遭遇したことはありませんか?そのプレイヤーはサーバーに一定時間データを送る事ができていない通信環境ということです。

あまりにシビアにしすぎるとエラーが出まくってしまうので、多少通信環境が悪い人でも遊べるようにバンダイさんはある程度の時間は考慮してくれているようです。(敵からするとたまったものではないですが)

その条件が一定時間を超えてしまうと通信エラーになってしまうと考えていいと思います。

スポンサーリンク

まずは通信環境を知ろう

自分自身のスマートフォンの通信環境を調べてみましょう。

iphoneならスマホの左上の「5G」「4G」「扇型のマーク(wifi)」で通信環境がわかります。
通信環境の強さは基本的に5G>4G>扇型(wifi)です。

もしwifiを使っていてエラーが多く発生するなら、4Gや5Gに切り替えましょう。(ただしギガを多く使用するので使い放題のプランではない場合は注意ください)

キャリア通信を使用していても、低速の場合はwifiの方が良いです。状況に応じて切り替えていきましょう。

もっと厳密に通信速度を知ろう

しかし場所や時間によってはどの通信がより速いかが変わってくる場合があります。
そこでどれが早いかを知る方法を紹介します。

それが速度テストです。

グーグルで「速度テスト」と検索してみてください。検索結果の一番上に「速度テストを実行」という青いボタンが表示されたと思います。

このテストツールを使用することであなたの通信環境の速度を知る事ができます。数がより多い方が早いと思ってOKです。
バウンティラッシュをプレイするなら、ダウンロード速度も、アップロード速度も最低100Mbps欲しいところです。

定期的にテストして、あなたの通信速度が速い時間帯を覚えておくといいですよ!
たとえば、ゴールデンタイムは4Gの方が早いけど、深夜はwifiの方が早いということがわかるかもしれません。もし著しく遅い時間がある場合はその時間を避けるのも手です。エラーでお宝チャンスやスコアを無駄にするのはもったいないです。

通信環境すなわち道具のよさです。回避の決まりやすさが天と地ほど違います。

通信環境がゴミでもバウンティラッシュやりたい

とはいえどんなにがんばっても速度が遅いwifiしかないという人もいるかもしれません。
残念ですが、スマホを5Gに変えるか、おうちのインターネット環境を変更しましょう。

意外と知られていないですが、携帯電話でいうドコモ、au、ソフトバンクのようにインターネット回線にも御三家があります。それがNTT光、au光、nuro光です。

ソフトバンクだからインターネットも早いはず?と思ってソフトバンク光を契約して地獄を見てる人もちらほらいますが、あたりまえといえばあたりまえなんです。jcomとかは論外です。

nuro光とかau光あたりが最近人気ですしキャンペーンも多く打ってるみたいなんで、そちらにきりかえるのがいいですよ。

本気でやるなら通信環境から!

もしランカーを本気で目指す!と思ったら、通信環境から見直してみましょう!
10位以内に入ったランカーさんが以前公開されていましたが、ランカーになるための1000回の試合のうち、通信エラーはなんと2回です。

上を目指すなら、ツールも上級のものを用意しましょうね!

コメント